銀行カードローンは保証人はいらないの?

MENU

銀行カードローンは保証人はいらないの?

銀行カードローンでお金を借りたいけれど、お金を借りるのには保証人が必要になるのでしょうか?
保証人が用意できなければ、銀行からお金を借りることはできないのでしょうか?

 

カードローンという商品は、そもそも保証人が不要なローンであり、無担保・無保証人というのが基本となっています。

 

保証会社を利用するから保証人は不要となる

お金を借りる場合には、一般的に保証人が必要となります。債務者が債務の返済ができなくなったときに、代わって返済することを約束するのが保証人の役割です。

 

銀行カードローンの場合には保証人は不要ですが、その代わり保証会社を利用することになります。

 

万が一の際には、保証会社から銀行にお金が支払われることとなっており、保証会社の保証を受けられることが銀行カードローンを利用する条件となっているのです。

 

その為、銀行カードローンの審査は銀行と保証会社、この2社が関わって行うこととなります。

 

代位弁済(だいいべんさい)

保証会社が代わりに、お金を支払うシステムのことを代位弁済といいます。

 

もしものときは、保証会社が借金を肩代わりしてくれるの?と勘違いをしてはいけません。借りた人がお金を返さなくていいというわけではまったくないのです。

 

今後は、肩代わりをしてくれた保証会社に対してお金を支払っていくこととなります。

 

その際、銀行からお金を借りていたときと同条件で返済していけるわけではなく、金利の上昇や債務の一括返済を求められることもあるからです。

 

銀行カードローンと保証会社

銀行カードローンの保証会社はどういうところなのかというと、大手の消費者金融などがその役割についていることが多いです。

 

例えば、オリックス銀行カードローンの場合、以下いずれかの保証会社からの保証を受けることが利用条件となります。

オリックス・クレジット株式会社または新生フィナンシャル株式会社の保証が受けられる方

 

オリックス銀行カードローンの保証会社が2社ついているのは、より多くの人が利用できるように配慮しているからと考えられます。

 

保証会社 金利 審査
A社 低い 厳しい
B社 普通 普通

 

銀行カードローンを利用するにあたって、「銀行なら取り立てもあまり厳しいことにはならないだろうし」なんて甘い考えでいますと、保証会社である消費者金融から、取り立てがくるようになってしまいますので注意しましょう。

 

オリックス銀行カードローン

 

保証会社があることでスピード融資が可能

保証会社を利用するのには手数料が必要なのですが、これは銀行側が負担してくれます。

 

また通常、保証人が必要なケースでは契約に保証人の印鑑が必要となってくるのですが、これについても保証会社を利用することで印鑑の必要がないため、審査や書類の準備もスムーズになりスピード融資が可能となったのです。

 

但し、ごくまれなケースではありますが、審査の結果によっては保証人を求められるケースというのもあるようです。

 

「保証人をつけてくれた場合には審査可決にしますよ」ということで、申込者の信用状況が微妙な場合などに、保証人を求められることがあるようです。

 

回収する先が多ければ、それだけ保証会社はその債務を回収しやすくなるからです。