銀行カードローンに申し込むデメリットは?

MENU

銀行カードローンに申し込むデメリットは?

金利が低くて限度額も高い、さらに銀行の融資ということで絶大な安心感もある銀行カードローン。
そなえとして持っていれば、突然お金に困ったときでも対応できますし便利に違いありませんよね。
しかし、持っていることでデメリットとなることはあるのでしょうか?

 

よく、銀行カードローンのデメリットは審査が厳しいことと審査に時間がかかることだなどといわれていますが、それは銀行カードローン自体のデメリットです。
銀行カードローンを契約してローンカードを持っていることで生じるデメリット、それは信用情報として載るということです。

 

銀行カードローンは銀行が融資するカードローンなので安心感はありますが、お金を借りるという点にはかわりありません。
申し込みをすればそれだけで個人信用情報機関に情報が登録されますし、契約・借入れをすればその情報も一定期間登録され続けます。

 

信用情報として載ることがなぜデメリットなのか?

今後、近い将来車のローンや住宅ローンを考えているという場合、ローン審査では信用情報を必ず照会するからなのです。
銀行カードローンといえど、契約や借入れの履歴があれば審査に多少なりとも影響はあります。

 

普通に利用してきちんと返済しているならばそれほど影響はないかもしれませんが、

 

  • うっかり支払日を忘れて遅延してしまった
  • 返済に困って延滞をしてしまった

 

などすれば、そうしたマイナスな情報もしっかり登録されてしまいますので今後の審査に大きな影響を与えます。
また、実際には利用していないとしても、与えられている限度枠分はいつでも利用できるため審査の際にはやはり影響があるのです。

 

また、いつでも使えるようにとローンカードを持っていることで、ちょっとしたときでもついつい使ってしまう可能性もあります。
手軽さがカードローンのメリットでもありますが、手軽すぎて簡単にお金が手に入るために使いすぎてしまう可能性があることもデメリットなのです。