銀行カードローンは貸金業法の対象になる?

MENU

銀行カードローンは貸金業法の対象になる?

年収の3分の1までしか借りられないという総量規制、銀行カードローンの場合にはどうなのでしょうか?
総量規制にも対象外などがあるといいますが、銀行カードローンは対象外になるのでしょうか?

 

総量規制というものについて、年収の3分の1までしか借りられないという内容だけなんとなく知っているという方も多いようですが、そもそも総量規制というのは貸金業法という法律のなかで定められている制度になります。

 

正しくは、個人の借入れ総額は原則年収の3分の1までに制限されるというものです。

 

貸金業法というのは、貸金業者に対しての法律になります。貸金業者というのは消費者金融や信販会社、クレジットカード会社などです。

 

銀行カードローンの場合には、銀行が融資をしているローン商品になりますよね?
そのため、同じカードローンという商品であっても、総量規制の対象にはならないのです。
総量規制対象外のカードローンなどとうたわれていますが、銀行カードローンが対象外と定められているわけではなく、そもそも関係ない法律なのです。

 

ある程度まとまったお金を借りたい方などは、総量規制の影響を受けない、銀行カードローンを利用することをおすすめします。
ただし、銀行カードローンには法的な借入れ額の制限がないからといって、いくらでも借りられるというわけではありません。
また審査は消費者金融のカードローンと比べますとやはり厳しいものとなります。

 

審査に通らなければお金を借りることはできませんから、カードローン選びは慎重にして、返済計画をしっかりと立てた上で利用しましょう!