銀行のおまとめローンの仕組みはどうなっているの?

MENU

銀行のおまとめローンの仕組みはどうなっているの?

現在複数のカードローンを利用しているため、より低金利な銀行のおまとめローンで一本化できたら…と考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
今ある債務はどうやって一本になるのか、またカードを利用したい場合にはどうしたらいいのか、銀行のおまとめローンというのはどのような仕組みになっているのでしょうか?

 

まず、おまとめローンと商品名で呼ばれているのはおまとめ専用のローンのことです。
おまとめすることができるのは、このおまとめ専用のものと、そうではなくて通常のカードローンでもおまとめすることができます。

 

おまとめ専用ローン

おまとめ専用ローンの場合には、基本的にローンの使い道はローン返済のみとなっていて一度借りたらあとは返済専用となり、カードローンのように限度枠に空きができたら繰り返し使えるような機能はありません。
融資は現在の複数の借入先に対して振り込まれるか、あるいはおまとめ相当額が自分の口座に振り込まれてきます。

 

おまとめ専用ローンは低金利ですし、また利用する方は月々の返済に困っている方が多いことなどから、複数他社に分散していたリスクを一手に引き受けるという性質もあり審査が厳しいケースが多くなります。

 

通常のカードローン

一方、通常のカードローンでのおまとめはなぜ可能なのか?というと、そもそも通常のカードローンというのは資金使途が自由なものがほとんどです。
なかには借り換えには利用できない、と明記してあるものもありますが多くののカードローンでは利用可能となっています。
銀行カードローンの場合にはそもそも金利が低いですし、消費者金融からのおまとめなら効果的に利息を圧縮することができるでしょう。

 

通常のカードローンを利用する場合の違いは、こちらは「カードローンだ」という点です。
どういうことかというと、おまとめ専用ローンの場合には返済専用ですが、カードローンをおまとめ目的で使う場合にはカードローンなわけですから、返済を続けて限度枠に空きができれば、当然また繰り返し利用が可能となるのです。

 

そのため返済専用のおまとめローンにしてしまうと貯金もないためいざというときの備えがない、という方などは、途中で借入れのできる通常のカードローンの利用をおすすめしますが、繰り返し利用すれば当然借金が増えるわけですのでいつまでも返済が終わりません。
限度枠があればあるだけ使ってしまう恐れのある、という方は返済専用のカードローンで返済に専念することをおすすめします。

 

おすすめはおまとめ・借り換えOKのオリックス銀行カードローンです。

オリックス銀行で借入するメリットとデメリット|大口融資に金利が低くなる