クレジットカードのキャッシングと銀行カードローンどちらを利用したらいい?

MENU

どちらを利用したらいい?

銀行カードローンでお金を借りようと思っているけれど、クレジットカードにもキャッシング枠というものがあると知り、どちらを利用したらいいのか悩んでいる…
銀行カードローンとクレジットのキャッシング枠、どちらを利用するのがいいのでしょうか?

 

金利で比較する

クレジットカードのキャッシング枠はカード発行時に抱き合わせで申し込みしているため、わざわざ申し込みをしなくてもすぐに使えるというメリットがあります。
海外でもほとんどのクレジットカードがキャッシングに対応しているために、海外旅行でお金が足りないなどいざというときに利用できる安心感があります。
急な出費のときには、申し込みしなくてもそのまま使えるですし、やっぱり便利ですよね。

 

しかし、クレジットカードのキャッシング枠はもともとがショッピング枠に付帯している機能なため、限度枠も50万円以下など比較的小口に抑えられていてさらに利息も高くなっていおり、ほぼ平均的に18%で固定とされているところばかりです。

 

それに対し銀行カードローンの方は上限金利が14.5%前後としているところが多く、限度額が高くなればなるほど金利はもっともっと低金利になります。
できれば支払う利息は少なく抑えたいですし、そうなると少し申し込みの手間をとっても銀行カードローンを利用したいですよね。

 

返済方法で比較する

返済方法を見てみますと、クレジットカードでのキャッシングはたいてい翌月一括返済となっています。
早く返済してしまいたくても1ヶ月分は金利が自動的についてきてしまいますし、また一括なので返済日までに全額耳を揃えて支払うこととなります。

 

一方の銀行カードローンはというと、毎月決まった日に決まった額を返済していけばいいので無理がありません。
50万円借りたとしても、翌月一括で返済する必要はないですし、もっと早く返済したければ繰り上げ返済することができます。
一括返済と比べると、お金を借りた側の都合に合わせて返済を調整できる余裕があるのです。

 

また今後まとまったお金を借りたい、というときでも、銀行カードローンなら最高限度額が高いですし総量規制も対象外ですから年収による借入れ額の法的な制限もありません。
今は小口の限度枠だったとしても、利用により増額していくことも可能です。

 

あらたにどの銀行カードローンにするか検討して申し込みし、審査を受けるのは面倒と思うかもしれませんが、たびたびクレジットカードのキャッシングを利用しているという場合には利息でかなり損をしていることとなります。
たびたび利用するのであれば、金利の低い銀行カードローンを作った方がずっとおトクです。

 

ATM手数料も無料な銀行カードローンは多いですし、クレジットカードのように年会費もありません。
最近ではネット申し込みが主流となっていてスマートフォン1台で手軽に申し込めますし、即日融資可能な銀行カードローンも増えています。
断続的・長期的に利用する、高額なお金を借りたいときもあるというのでしたら銀行カードローンが断然おすすめです。