銀行系カードローンは信用情報では消費者金融扱い?

MENU

銀行系カードローンは信用情報では消費者金融扱い?

今まで一度も消費者金融を利用したことがないし、今後住宅ローンを考えているからできればそのために信用を作っていきたい…でも急にお金が必要となってどうしても借りなくてはならない状況になったとき、「できれば今後の信用に影響のないところで借りられたら」と思いますよね。

 

三井住友フィナンシャルグループのSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)、同じく三井住友銀行グループのモビット、そして三菱UFJフィナンシャルグループのアコムなどは銀行系カードローンと呼ばれていますし、銀行のグループ系列のカードローンになりますから、信用情報としては消費者金融ではなく銀行系ということになるのでしょうか?

 

銀行系カードローンという呼び方がされるこれらのカードローンですが、確かに銀行のグループ傘下のカードローンではあるものの業態としては消費者金融に該当します。

 

プロミスやアコムなどのホームページの下部をみてみますとわかるのですが、「登録番号」や「日本貸金業協会会員」などといった記載があるかと思います。

 

登録番号というのは、貸金業を営むには都道府県などで貸金業者としての登録を受けなくてはならないため、その番号のことです。

 

貸金業者というのは、消費者金融や信販会社、クレジットカード会社などが含まれます。

 

もし、今後の信用のことを考えてお金を借りたい、と考えるのであれば、まず一番にはローンなどがないほうがいいのですが、どうしても必要とあらば銀行が直接融資をしている銀行カードローンを選ぶといいのではないでしょうか。

 

銀行カードローンのほうが同じカードローンだとしても金利も低いですし安心感もあります。

 

また何か決まった目的でお金が必要なのでしたら、銀行の目的別ローンを利用するというのも手です。カードローンより審査に時間がかかるかもしれませんが、引っ越し費用、ブライダル、旅行、などなど現在ではさまざまな目的別ローンがさらに低金利で提供されています。資金使途が決まっているためカードローンのように繰り返し使ってしまう心配もありません。

 

銀行系カードローンは場合によって銀行カードローンのことを指したり、銀行カードローンと銀行傘下の消費者金融とを含む両者をさしたりするケースもあります。

 

「銀行系」という名前に惑わされてしまわずに、どこが融資をしているカードローンなのか?ということに気をつけてみるようにしましょう。