オリックス銀行で借入するメリットとデメリット|大口融資に金利が低くなる

MENU

オリックス銀行の本当によいところとは

カードローンを探すときに多くの方はインターネットを使って情報を集めるでしょう。オリックス銀行は金利が高く銀行カードローンらしくない、そんなことがよく言われているものを目にするでしょう。

 

▼今すぐオリックス銀行に申し込む
オリックス銀行カードローン

 

大口融資に金利が低くなる

 

オリックス銀行カードローンの上限金利は17.8%です。これは消費者金融のプロミスと同じ金利となっています。しかし、銀行カードローンとしては高いと感じることでしょう。なにしろ、銀行カードローンとしての標準的な上限金利は14.5%です。

 

利用限度額 借入利率(年)
700万円超800万円以下 1.7%〜4.8%
600万円超700万円以下 3.5%〜5.8%
500万円超600万円以下
400万円超500万円以下 4.5%〜8.8%
300万円超400万円以下
200万円超300万円以下 5.0%〜12.8%
150万円超200万円以下
100万円超150万円以下 6.0%〜14.8%
100万円
100万円未満 12.0%〜17.8%

 

ところが、金利をよく見てみると大口の借入では金利が低くなることがわかります。そのためオリックス銀行カードローンは、借り換えやおまとめなど大きな金額の借入に向いていることがわかります。

 

▼今すぐオリックス銀行に申し込む
オリックス銀行カードローン

 

利息を変える方法は早い返済にある

少額の借り入れでも利息がきにならない方法があります。それは早く返済をする、ということです。利息の計算方法を知ること、返済額の内訳を知ることでそれは十分に可能となります。

 

利息=借入残高×金利÷年間日数×利用日数

返済額=利息支払額+元金充当額

 

一日分の利息を利用日数分支払うことになります。だからこそ「早い返済が利息の支払いを抑える」ということです。返済額はすべてが返済に充てられるのではなく、まずは利息計算式によって決められた利息を支払い、その残りが元金に充当されます。

 

オリックス銀行カードローンで10万円を借り入れたとき金利は18.0%になります。
30日間利用すると、1日に分の利息を30日分支払うことになるため利息は「1479円」です。15日間で返済ができれば15日分の利子苦の支払いになるため「739円」になります。ここで十分に利息が節約されました。

 

今度は返済額を考えて見ましょう!
10万円借入時の返済額は7,000円です。利息が先に引かれるため739円が引かれ、6,261円が返済できたことになります。ここで返済額を増やし10,000円にすると元金充当額が9,261円となり、利息は変わらなくても元金充当額が増えることとなります。

 

利息の計算方法と返済額の内訳を知ること、それが利息節約の大きな鍵になります。

 

審査はどのくらい早いのか?

非常に残念ですが、オリックス銀行カードローンでは即日融資はありません。なぜなら、申し込み完了から審査結果が伝えられるまでには2〜3営業日がかかるからです。

 

土日など銀行休業日をはさんでしまうとその分、審査日数が延びます。契約が完了してからであれば最短即日融資も可能となっていますが、急ぎの時には向いていないこともわかります。

 

知っておきたい借入方法

消費者金融のように豊富な借入方法ではありません。方法は2種類です。

 

  • 指定の口座へのオリックス銀行から振込みによる借入
  • 提携金融機関のATMからの借入

 

振込みによる借入、いわゆる振込みキャッシングはジャパンネット銀行宛であれば24時間いつでも即時対応です。通常の銀行口座よりもオリックス銀行を利用するときにはぜひ用意しておきたい銀行口座です。

 

振込先金融機関 曜日 受付時間 振込時間
ジャパンネット銀行 平日 0:10〜23:50 即時
土・日・祝日
その他銀行 平日 0:10〜8:40 即日9:00〜10:00
8:40〜15:00 即日
15:00〜23:50 翌営業日9:00〜10:00
土・日・祝日 0:10〜23:50 翌営業日9:00〜10:00

 

オリックス銀行はインターネット専業銀行であり店舗もなければ専用のATMもありません。
しかし全国に95,000台以上(2016年5月末現在)の提携ATMがあります。
さらにそのすべての提携ATMは利用手数料無料です。
借入だけではなく返済にも、時間外手数料がかからず終日無料になっています。

 

▼今すぐオリックス銀行に申し込む
オリックス銀行カードローン