MENU

借入を低金利で利用する方法を考えてみよう

 

「お金を借りるならできるだけ低金利で!!」
誰もがこのように考えるはずです。

 

借入を低金利で利用するには、いくつか抑えておきたいポイントがあります。
次に挙げるポイントを借入前に必ず確認し、借入を上手に利用できるようにしましょう。

 

借入先を比較・検討する

 

借入を利用するといっても、様々な借入先を挙げることができます。
自分の都合にあった借入先を選ぶとともに、借入先の条件をよく確認することが大切です。

 

親や兄弟、友人などの「対人」を借入先とする場合には、そもそも金利の問題が発生しないことがほとんどです。
よほどのことがない限り利息まで請求されることはないでしょう。

 

その他、国や地方などの公共機関の制度融資、勤務先の従業員向け借入制度なども低金利として借入できる先として考えることができます。

 

民間の金融機関では、銀行借入が他の金融機関と比較して低金利で借入できる方法として人気があります。
特に最近ではネット銀行の融資が非常に低金利で人気を集めています。

 

これらの情報をたくさん入手して、それぞれに比較・検討するようにしましょう。

 

借入目的をはっきりさせる

 

金融機関の借入では、お金を借りる目的(資金使途)により様々な商品が準備されています。
その商品ごとに適用される金利が異なっています。

 

一般的には、住宅ローン、教育ローンといった目的型ローンが金利が低く設定されています。

 

対してカードローンなどのように、資金使途が利用者の権限にゆだねられる非目的型ローンは金利が高くなる傾向にあります。
資金使途をはっきりさせることにより、低金利のローンを利用することができる可能性が高いということです。

 

担保を提供する

 

担保とは、万が一返済不能になった場合の保険の役割を果たすものです。
あらかじめ金融機関に差し入れされた担保を、返済不能になった場合処分することで返済に充当できるという仕組みです。
そのため有担保の借入は、一般的に適用金利が低くなっています。

 

担保として一般的なものは、土地や建物などの「不動産」です。
ただ最近では様々な種類の担保を取り扱う金融機関も増えています。
興味がある方は、一度金融機関の担当者に相談してみるとよいでしょう。

 

必要以上の借入をしない

 

低金利の借入を考える前に、一番抑えておきたいことは「必要以上に借入しない」ということです。
いくら低金利とはいえ、借入を利用すると必ず借入した金額以上のお金を返済しなくてはいけません。

 

最近の借入は条件次第で、非常に簡単に多額のお金を借りることができます。
そのためつい借りすぎてしまう可能性も高くなっています。

 

  • 借入を利用する場合には、必要最低限に抑えること。
  • 利用前には必ずきちんとした返済計画を立てること。

 

この2点は、借入を上手に利用するための最低条件といえるでしょう。