MENU

借入の意味を考えてみよう

 

日常生活において、わたしたちは何気に「借入」を利用していることに気づいているでしょうか。

 

「ちょっとそこのボールペンを貸して」
「はい、どうぞ」

 

このような日常茶飯事の会話も、実は「借入」を利用していることなのです。

 

「借入」という言葉を辞書などで調べてみると「金銭や物品を貸し借りすること」といった説明がされています。
先の会話では「ボールペン」という物品を貸し借りしていることになります。
ただし「借入」と聞くと多くの方が金融機関からの「借金」を思いつくでしょう。

 

「借金」という言葉には、どうしても悪いイメージが付きまといます。
一方、たくさんの方が金融機関からの「借入」=「借金」を利用しているのも事実です。
普段の生活で上手に借入を利用することで、自分の人生を豊かにすることも可能です。

 

例えば多額のお金を必要とするマイホームの購入。
数千万円単位のお金を自力で準備できる方は、それほど多くはありません。
しかし銀行の住宅ローンという「借入」を利用することで、夢のマイホームを手に入れることもできます。
実際長い人生の中で借入を一度も利用しないという方のほうが少ないのではないでしょうか。

 

それではなぜ「借入」には悪いイメージが付きまとうのでしょうか。
その理由は「借りる側」「貸す側」両方にあると考えられます。
「借りる側」では、たくさん借りすぎてしまい生活そのものを破綻してしまう可能性。
「貸す側」では、強引な取り立てが社会問題となっていた過去。
これらの他にも様々な理由が重なることで「借入(借金)=絶対悪」というイメージが定着してしまったのです。

 

しかし必ずしも「借入」が悪いものとは限りません。
先の住宅ローンのように、借入を利用することで普通では手に入れることのできないものでも入手することができます。
生活上のお金のピンチを借入を利用して克服することもできるでしょう。
様々な場面で借入を利用する効果得ることができるのではないでしょうか。

 

大切なことは、借入を上手に活用すること。
それには「借りすぎない」「きちんとした返済計画を立てる」。
この2点が重要になってきます。

 

借入先の金融機関も、銀行や消費者金融をはじめ様々な先があります。
それぞれに金利や返済期間などの借入条件が異なっています。
自分の生活スタイルや都合にあった先を選択する「目」を養いましょう。

 

また金融機関だけが借入先とは限りません。
親や兄弟、友人などの身近な存在の方からお金を借りるもの、立派な「借入」方法のひとつです。
それでも「借りすぎない」「きちんとした返済計画を立てる」の2点が重要であることには変わりありません。

 

「借入」の意味をよく考えたうえで、上手に生活の知恵として活用していきたいものです。