MENU

借入の返済について考えてみよう

借入の返済について考えてみよう

 

借入を利用する場合、一番大切なことは何でしょうか。
それは「きちんと返済する」ということです。

 

借りたお金は、最後まできちんと返済しなくてはいけません。
しかも大半の場合、借りたお金に対して利息を合わせて返済しなくてはいけません。
間違っても「借金を踏み倒してやろう」と考えることのないようにしなくてはいけません。

 

それではきちんと返済するためには、どのようなことに注意しなくてはいけないのでしょうか。

 

まずは「念密な返済計画を立てる」ということでしょう。
自分の収入と生活費などの支出を正確に把握し、無理のない返済計画を立てなければいけません。

 

基本的には「収入ー支出」の額が返済に充当できる額になります。
「将来出世して収入も増えるだろう」という甘い考えでは、絶対に返済に困ることになります。
現状の自分の状況をよく理解したうえで、収支のバランスのとれた借入を心がけましょう。

 

「必要以上に借入しない」ということも大切なポイントです。
現在の金融業界では、非常に手軽に借入が利用できるようになっています。
想像以上に簡単に借入できてしまうことから、つい借りすぎてしまう方も多いるようです。

 

冒頭の通り、借入したお金は利息を合わせて返済しなくてはいけません。
借入は最低限度に抑えるとともに、余裕があればなるべく早めに返済するようにしましょう。

 

それでも長い返済の過程では、どうしても返済できない状況に陥るかもしれません。
自分でも考えていなかった事情で、返済に困ることもあるでしょう。
その場合には、すみやかに貸し手側に相談するようにしましょう。

 

返済できなくなった理由にもよるでしょうが、多くの場合は柔軟に対応してくれます。
最終期限を延長したり、利息を軽減するなどの対応策をともに図るようにしましょう。
誠意を持って説明すれば、決して無碍なことにはならないでしょう。

 

返済不能になった場合、すぐに「自己破産」などを考える方もおられます。
しかし「自己破産」は借金を無くすかわりに、多くのペナルティも科せられます。
今後の人生にも大きな影響を与えますので、できるだけ慎重に行うことが大切でしょう。

 

一番いけないことは、返済できないまま放置することです。
説明もないまま返済をおろそかにした相手の説明を聞く気になれるでしょうか。

 

お金の貸し借りはお互いの信頼関係の上に成り立っています。
せっかく自分を信頼して貸してくれた相手の気持ちを裏切ってはいけません。