MENU

借入を銀行で利用することを考えてみよう

借入を銀行で利用することを考えてみよう

 

お金を借りることのできる金融機関として一番身近な存在が銀行です。
普段の生活でも利用する機会の多い銀行では、預金を預ける他、ローンなどの借入を利用することができます。
メガバンク、地方銀行問わず、多くの魅力ある商品がそろっています。

 

銀行借入を他の金融機関と比較した際には、次のような特徴を挙げることができます。

 

低金利で利用できる

 

銀行借入の一番の魅力が低金利です。
消費者金融などの貸出を専門に行っている金融機関と比較してはるかに低金利で借入することができます。

 

そもそも銀行は利用者から預金を預かり、そのお金を貸金として運用することができます。
豊富な資金力を背景にして低金利の借入を実現しています。

 

最近ではネット銀行の商品が非常に低金利であるとして人気を集めています。
ネット銀行には基本的に有人店舗がありません。
店舗管理費や人件費を削減できる分、低金利の借入を提供することができます。

 

高額融資が可能

 

銀行の持つ豊富な資金量は、そのまま貸出可能額に繋がります。
商品自体の最高限度額が高く、条件次第では高額融資も可能になっています。

 

また銀行借入は「総量規制」の対象外です。
「総量規制」の対象となる金融機関では、年収の3分の1を超える貸出ができません。

 

総量規制の対象外である銀行借入では、年収による縛りを受けませんので高額融資を提供することが可能になっています。
また収入自体が少ないパートやアルバイトの方でも、ある程度の金額の借入が利用できる点も魅力といえるでしょう。

 

審査基準が厳しい

 

銀行借入は、他の金融機関に比較して審査基準が厳しいとされています。
利用者から大切な「預金」というお金を預かっている以上、審査基準を厳しくして貸し倒れを防ぐ必要があります。

 

かつて多くの銀行では、返済不能となった不良債権問題に苦しめらてきました。
その要因のひとつが審査基準の甘さにあったとされています。
同じ失敗を繰り返さないためにも、最近の銀行では審査基準が厳しくなっています。

 

よく「銀行ローンで審査に落ちたが、消費者金融で借りることができた」という声を聞くことがあるでしょう。
これは審査基準の違いを示しています。

 

ただし、決して銀行借入が借りにくいというものではありません。
返済可能と判断された方に対しては、むしろ積極的に貸出を行ってくれます。
基準の厳しい審査に合格することで、あらかじめ返済不能になるリスクを避ける効果もあるでしょう。

 

時間を必要とすることも

 

審査基準の厳しさが、そのまま審査時間に繋がることもあります。

 

最近では「即日融資」対応の銀行借入も増えていますが、それでも全体的にみて他の金融機関よりも時間を必要としています。
急ぎの出費などでは、対応が難しいケースもたくさんあるでしょう。

 

普段から利用している銀行だからこそ、借入も安心して利用できる
この安心感こそ、銀行借入の最大の魅力といえるのではないでしょうか。