仮審査が通って本審査が通らないということはある?

MENU

仮審査が通って本審査が通らないということはある?

銀行カードローンの審査には仮審査と本審査とがあります。審査の基準ややり方はカードローンによって違いがありますので一概にはいえませんが、多くの場合、仮審査の連絡はかなり早い段階で返ってくるようです。

 

仮審査通過といわれれば当然嬉しいわけですが、仮審査で審査に通って本審査で落ちてしまうということもなかにはあるのでしょうか?

 

仮審査通ったから安心♪誠に申し訳ございませんが…

 

仮審査

基本的には、仮審査に通ればほとんどの方が本審査にも通るというようにはいわれていますが、仮審査というのはおおざっぱな審査となっていて、最も基本的な要項について調べ、「お金を貸してもよい人物かどうか?」を判断していきます。

 

申込者の年齢や職業、勤続年数や年収などから融資可能かどうかをコンピューターによって自動的に審査を行います。

 

そのため大変スピーディーに行われ、ほとんど時間がかからないのです。
特にネット申し込みの場合には、数分で仮審査の結果が出るところも多くあります。

 

  • 収入が極端に少ない
  • 勤続年数が少ない
  • 他社からの借入件数や金額が多い

 

審査基準に見たない場合には、仮審査の段階でまず審査落ちとなります。

 

本審査

本審査は人が審査するため時間がかかるところもあります。
個人信用情報機関へローンの利用履歴や返済のトラブルなどはないか、他社借入などを確認し、申請内容に虚偽はないか、しっかり細かくチェックをしていきます。
本人確認書類で本人であることを確認をとり、在籍確認の電話を申込者の自宅や勤務先へかけます。

 

仮審査に通っても、申請内容の虚偽などが本審査で判明すれば、再審査となったり場合によってはそれだけで信用できないと判断され、本審査不可となるのです。

 

また、仮審査と申し込み時の内容が同じであっても、本審査までに他のローンを申し込んだり今あるカードローン枠を利用したりすれば、それもまた本審査に影響を及ぼします。

 

その他、本審査までに申込者が犯罪をおかしたり勤務先の情勢の不安情報が発生するなどといった要因もあります。

 

カードローンによっては仮審査に通っても本審査で落とされてしまうことが多いといわれているものもあります。
仮審査で通ったからといっても本決まりではありませんので、注意しましょう!