銀行カードローンの審査に通らない理由は?

MENU

銀行カードローンの審査に通らない理由は?

金利も低いし安心感もあるからと、銀行カードローンに申し込んだものの「何社も断られてしまっている…」そんな経験のある方も少なくないのではないでしょうか?

 

他に借入れもないし、年収も多くはないけれど安定した仕事についている、過去に自己破産や延滞などもない、カードローンの利用も今回が初めてという方など、自分では落ちる理由に心当たりがないという方で、審査に通らない理由としては何が考えられるのでしょうか?

 

本審査ではローン履歴・返済トラブル・他社借入・本人確認がじっくり見られる

 

まず、申し込みをした銀行カードローンの申し込み条件をクリアしていたでしょうか?

 

例えば、オリックス銀行カードローンなら毎月安定した収入のある方、などといった利用条件を設けていますし、年齢条件も設定されています。

 

また、銀行カードローンは金利が低いため全体的に審査は厳しいのですが、そのなかでも審査が比較的通りやすいところと、非常に厳しいところとバラつきがあります。

 

申し込みブラックの状態だと審査には通らない

カードローンの申込みで短期間に立て続けに何件も断られてしまうと多重申込みとして金融業者側は警戒し、そのため審査に通らなくなります。

 

短期間に連続して何件も申し込みをするのは、「何か問題があるからでは?」と判断されてしまうからです。

 

審査が厳しいところばかり申し込みをしてしまいますと、申し込みブラックと判断されて本来なら審査に通るようなところにまで否決されてしまう可能性があります。

 

申し込みブラックは一般的に、1ヶ月に3社以上の申し込みをした場合とされています。

 

申し込みの履歴は信用情報機関で6ヶ月間登録され続けますので、次に申し込みをするならそれ以降のほうが通りやすくなるでしょう。

 

クレジットカードのキャッシング枠

他のカードローンで借入れがないとしても、クレジットカードはどうでしょうか?
支払いを遅延していたりすれば、それも信用情報として登録されています。

 

自身の信用情報は個人信用情報機関で1,000円ほどで確認がとれますので、一度確認してみるのもいいでしょう。

 

また、クレジットカードのキャッシング枠がありますと、融資した後キャッシングされる可能性があるため、今現在借入れがなくとも将来的に借りる可能性もあるということで審査されてしまうといいます。

 

使っていないクレジットがあればそのままでは不利になりますので解約するか、キャッシング枠をゼロにすることをおすすめします。

 

申込書の記載内容も審査の重要なポイント

年収や他社借入れ額など事実と違った記載はしていないでしょうか?
自己申告の内容と事実に大きな違いがある場合には信用ができない人として審査に通らなくなってしまいますので、書き間違いなどないよう、しっかりと確認する必要があります。

 

また、勤続年数が1年未満という場合、一般的にカードローンの審査は通りにくくなってきます。

 

ほとんどの金融機関では、勤続年数の審査基準は1年以上というように定めているからなのです。最近では半年程度で審査に通るようなところもありますが、1年未満という場合には1年を過ぎてから申し込みをするようにしましょう。

 

以上のような点を見直してみて、対処できる点については対処してからあらためて申し込みをすると審査に通る可能性は高くなるでしょう。