MENU

借入、その真髄を考えてみよう

借入」という言葉を辞書などで調べてみると、「金品や物品を借りること」と説明されています。
わたしたちの生活ではたくさんの「借入」が大きく影響しています。
広い意味では、レンタルショップから物を借りることも「借入」に含まれます。

 

ただし、一般的に「借入」というと、多くの方は金融機関からの「お金を借りる」=「借金」を思いつくのではないでしょうか。

 

「借金」と聞くと何か悪いイメージがつきまといますが、多くの方が生活で「借金」を利用しているのも事実です。
普段の生活でのお金の不足には、どうしても「借金」は欠かせない存在になっています。

 

しかし、「借金」といってもたくさんの方法があります。
何も銀行や消費者金融からの「借金」だけではありません。
まずは「借金=借入」にはどのような方法があるのか考えてみましょう。

 

親や友人からの借入

 

一番身近な存在である親や兄弟・友人からお金を借りる方法です。

 

一般的には、借入を行った後は、利息を合わせて返済しなくてはいけません。
しかし「対人」からの借入では、あまり利息まで請求されることはないでしょう。
そのため、一番返済負担の少ない借入方法といえます。

 

まずはどうしてもお金が足りない理由を正直に説明しましょう。
相手側の理解を得ることができれば、ある程度融通の利いた借入が可能ではないでしょうか。

 

もちろんそれには借入の理由が大きな意味を持ってきます。
間違っても「ギャンブルでお金が足りない」といった理由で素直に貸してくれる方は少ないでしょう。

 

借りたお金はなるべく早く返済するように心かげましょう。
きちんと約束を守り、お互いの信頼関係を壊すことのないようにしなくてはいけません。

 

お金に関するトラブルは、深刻な人間関係の悪化を招くこともあります。
せっかく自分を信じてお金を貸してくれた相手の気持ちを裏切らないようにしましょう。

 

公共団体からの借入

 

国や地方公共団体からお金を借りる方法です。

 

生活資金が不足した場合、これらの支援制度を活用する方法を検討してみましょう。
せっかく普段から高い税金を支払っているのですから、困ったときには助けてもらいましょう。

 

当然生活に困っているという条件が前提です。
ここでも「お金が足りない理由」が大きな意味を持ってきます。

 

病気や怪我、天災や人災、その他の理由で生活資金が不足していることを証明しなくてはいけません。
そのため実際にお金を借りるまでに相応の時間を要することになります。

 

一般的な金融機関に比較するとはるかに低い金利で借入できるのが特徴です。
返済方法もある程度柔軟性を持って対応してくれます。

 

また就職斡旋などの生活再建策も講じてくれますので、担当者とよく相談して活用しましょう。

 

会社からの借入

 

ここでいう「会社」とは「勤務先」のことです。
勤務している会社の福利厚生制度を利用してお金を借りる方法です。
最近では大企業だけでなく、中小企業でも社員向けの貸付制度が準備されるようになっています。

 

ここでもやはり「お金を借りる」理由がポイントになってきます。

 

多くの場合はマイホーム資金などの生活資金を理由とするのではないでしょうか。
間違っても「遊びのお金」という理由では、お金を借りるどころか、勤務先での印象も悪くしてしまいます。

 

やはり民間金融機関の融資よりも低金利で借入できるのが特徴です。
返済は給料天引きが一般的で、退職金で一括返済という方法が準備されている先もあります。

 

勤務先の福利厚生制度は従業員の当然の権利ですが、後々の出世に響くのではないかと心配される方もいるでしょう。
できれば信頼できる人事担当者や上司に相談したうえで、活用を検討してみてはどうでしょうか。

 

金融機関からの借入

 

最後になりましたが、金融機関からお金を借りる方法です。
金融機関といっても、様々な場所を挙げることができます。

 

銀行、消費者金融、信販会社、郵貯、信金など、それぞれにより特徴があります。
その特徴をよく理解して、自分の都合や生活スタイルにあった先を選ぶのがポイントです。

 

やはり「お金を借りる理由」が重要になる点は変わりありません。
ただし、金融機関はお金を貸すのが商売ですので、理由に正当性があれば柔軟な借入が可能です。
「相手を説得する」必要はありませんが、変わって「審査」を受けて合格しなければいけません

 

先に挙げた借入方法と比較すると、金利の負担は大きいといえるでしょう。
ただし、借入に適用される金利も金融機関ごとにより異なります。

 

また、低金利で借入する手段もありますので、まずは確かな知識を身につけるようにしましょう。

 

以上4つの借入方法を紹介しました。
もちろん他にも借入方法は挙げることができます。

 

それぞれに特徴がありますので、自分の都合にあった方法を選択することが大切です。

 

借入を上手に利用するために

 

借入をうまく利用することで、自分の生活を豊かにすることも可能です。

 

借入は、通常では手に入ることのできないまとまったお金を手にする方法です。
例えば、多額の資金が必要となるマイホームも、住宅ローンで借入することで手にすることができます。

 

財布の中身が不足してデートのチャンスを失うことも、借入を利用することで避けることもできます。
将来の資格取得のための通信口座費用を借入で補うと、自分の人生を大きく好転させることも可能でしょう。

 

このような借入を活用するには、いくつか注意しておかなくてはいけないこともあります。
注意点を十分理解して、上手に借入を活用してもらいたいものです。

 

必要以上に借入しない

 

借入を利用すればまとまったお金を手にすることができます。
中には「借りれるならばできるだけたくさん借りておこう」と考える方もいるかもしれません。

 

しかし、借りたお金は返済しなくてはいけません。
しかも一般的には利息を合わせて返済しなくてはいけません。
借りたお金以上の金額を返済しなくてはいけないのです。

 

借入前には、まず「いくら必要なのか」を再度確認しておくようにしましょう。
そして必要以上の借入は絶対に避けるようにします。

 

いくら余裕があるからといって、長い返済の間には何が起こるかわかりません。
それにはなるべく借入金額を少なく、借入期間を短くすることが大切なのです。

 

返済計画をきちんと立てる

 

何度もいいますが、借りたお金は利息をあわせて返済しなくてはいけません。
それには念密な返済計画が不可欠です。
自分の現状の収入と支出を細かく把握して、きちんと返済できる計画を立てるようにしましょう。

 

「将来出世して収入も増えるだろう」という楽観的な計画は絶対に行わないようにしなくてはいけません。
あくまで「現状」の収入の範囲、しかも生活費などの支出を除いた範囲で返済できるようにしなくてはいけません。
つまり「現状の収入」−(支出+借入の返済額)が絶対にプラスになるようにしましょう。

 

借入の際には、どうしてもお金を借りることばかりに頭が行きがちになってしまいます。
しかし上手に借入を利用するには、まずは返済計画を上手に立てることが大切なことです。
万が一返済できない状態になると、借入によって自分の人生を失うこともありえるのです。

 

よく消費者金融の宣伝などでは、次のようなフレーズが用いられます。

 

「ご利用は計画的に!!」

 

借入を上手に利用する方法は、この言葉がすべてを示していますね。

借入方法を考えてみよう

お金を借りる借入方法として真っ先に銀行などの金融機関を利用することを思いつく方も多いでしょう。
確かに金融機関の利用も立派な借入方法のひとつです。

 

しかし、お金を借りる方法には他にもいくつも考えられることに気づくでしょうか。
お金に困ったときにはどうしても慌ててしまい、最適な方法に気づかない場合も多いのではないでしょうか。
一度冷静になって自分の都合や生活スタイルにあった借入方法を考えてみましょう。

 

親、兄弟、知人からの借入

 

実は一番負担が少なく、融通が利く借入方法が身近な方を頼る方法です。
親や兄弟、友人などからお金を借りる場合には、通常は利息の請求までは行われません。
その分返済負担が少なくすみ、返済期間などもある程度相談に応じてもらえるのではないでしょうか。

 

まずはお金が必要な理由をきちんと説明して相手側の理解を得るようにしましょう。
それにはやはりその理由が大きなポイントとなります。

 

間違っても「遊びのお金」といった理由では、相手側の理解を得ることは難しいでしょう。

 

ほとんどの場合には口約束などで借入が行われますが、相手側の要求などに応じて借用書なども作成するようにしましょう。
相手に信頼を与えるとともに、借りる側の誠意を相手に知らせる効果があります。
もちろん返済の約束はきちんと守るようにし、せっかく自分を信頼してくれた気持ちを裏切らないようにしてください。

 

国などの公共機関からの借入

 

生活資金に困っているというのであれば、国や地方などの公共機関を頼る方法も考えられます。

 

これらの制度融資の中には、様々な理由で日常生活におけるお金の不足を補う融資が準備されています。
もちろん生活に困っているという事実とともに、その理由がポイントとなることはいうまでもありません。

 

民間金融機関よりもはるかに低い金利で借りることができるのが最大のメリットです。
また就職先の斡旋など、生活再建の総合的な支援を受けることもできます。
ただし融資申し込みから実際に借入が実行されるまでは、1ヶ月以上かかることもあります。

 

日本は比較的制度融資が充実している国といえます。
北欧の国々に比較するとまだまだですが、生活支援制度融資は多くの方が利用しています。
せっかく普段から高い税金を支払っているのですから、困ったときには手助けしてもらいましょう。

 

会社からの借入

 

ここでいう「会社」とは「勤務先」のことを指します。
最近では大企業だけでなく、中小企業でも社員向け福祉制度の一環として融資制度を充実させるようになってきました。
自分の勤めている会社で融資制度が準備されているのであれば、活用を検討してもよいでしょう。

 

ここでもやはり借入理由が大きな意味を持ちます。
間違っても「ギャンブルのお金」といった理由では自分の会社の地位も危うくするでしょう。
ほとんどは「住宅購入」などの前向きな資金として活用される手段です。

 

返済は給与天引きの他、退職金を充当させる先もあります。
社員向け貸付制度は、勤務者にとっての正当な権利のひとつです。
それでも将来の出世などが不安な方は、信頼できる上司や人事担当者に相談しながら利用を検討してみましょう。

 

他にも借入方法として挙げることのできる方法はいくつもあります。
そのいづれもが「借入理由」が大きなポイントとなるのがわかるのではないでしょうか。

 

無駄な借入を避けるとともに、無理のない返済が可能な方法を考えてみましょう。

借入条件を考えてみよう

借入でお金を貸す側としては、貸したお金が必ず返済されなければなりません。
そのために、借り手側に様々な条件を課しています。
これはどのような借入方法にも共通しています。
親や知人の「対人関係」での借入でも「相手側が信用できるか」という条件が隠れています。
非常にあいまいな表現ですが、お金の貸し借りには信用条件は最低限みたさなければいけない項目といえるでしょう。

 

金融機関などの借入では、さらに明確な借入条件が設定されています。
商品案内などで記載されている借入条件には、主に次の2点が挙げられます。

 

@年齢条件

 

まずは「年齢20歳以上、65歳(もしくは69歳)以下」といった年齢条件です。
なぜこのような年齢制限を設けるのでしょうか。

 

20歳未満の未成年が金銭契約を行った場合、保護者(親)の同意がなければ無効となる可能性があります。
借り手側が「無効」を主張した場合、貸したお金が返済されず大損を発生してしまいます。
保護者(親)の同意とは、保護者(親)を保証人として徴求しなければいけないことを意味します。
しかしそれには大きな手間がかかる上、余計なトラブルに発展する可能性もあります。
そのために20歳未満の未成年の利用を制限しています。

 

65歳(もしくは69歳)以上の高齢者の方は、残念ながら返済途中で亡くなってしまうというリスクがあります。
その場合、借入債務を相続人により相続する必要があります。
資産だけでなく借金も相続対象となるのです。
しかし相続手続きは複雑で、多くの時間を必要としますので、高齢者の利用を制限しているのです。

 

年齢制限については、上限は各社まちまちですが、未成年の利用制限は概ね各社共通しています。

 

A収入条件

 

もうひとつの条件としては「安定した収入」を求めています。
借入の返済には、利用者の「安定した収入」が必要不可欠です。
これは「収入が多いこと」を意味しているのではなく、「一定額以上の収入が常に確保できる」ことを意味しています。

 

そのため株式売却などの一時的な収入は「安定した収入」とみなされません。
当然「ギャンブルで勝利した資金」なども収入としてはみなされないことはお分かりでしょう。

 

「安定した収入」が「いくら以上の金額」なのかは、多くの先では公表されていません。
一部の銀行などでは「収入○○円以上」といった条件を挙げている先もあります。
しかし多くの場合では、収入条件は借入ケースによって異なっています。

 

「年齢」「収入」の2つ以外にも様々な条件が、借入には設定されています。
その内容は借入先や借入商品により異なっています。
仮に条件を満たしていないのに借入を申し込んでも、お金を貸してくれることはまずありません。
事前に借入条件を確認しておくようにし、不明な点は担当者に問い合わせるようにしましょう。

借入の審査条件について考えてみよう

借入でお金を借りるには、必ず審査に合格しなければいけません。
親や兄弟、友人などの「対人」からの借入でも、あなたにお金を貸していいのかどうか「審査」を行うことになります。

 

相手を信頼してお金を貸していいのか、貸したお金は確実に返済されるのかどうかを判断するのが、借入における審査の目的です。

 

金融機関の借入審査では、各社独自の審査システムを導入しています。
それぞれにより審査基準が異なっているうえ、その詳細は一般的には公表されません。

 

例えば審査に不合格となった場合でも、その理由を知ることはできません。
単に「当社の審査基準に適合できませんでした」といった通知が行われるだけです。

 

しかし冒頭に述べた審査の目的を考えてみると、その内容を想像することは可能ではないでしょうか。
そこで審査で重要視されるであろう審査基準について考えてみましょう。

 

収入面

 

商品案内などでは借入条件として「安定した収入」という言葉を見ることができます。
安定した収入は、審査基準の基本といえるでしょう。

 

これが「収入が多い」ことを示すものではありません。
返済可能な一定額以上の収入を安定して確保していることが大切なのです。

 

そのためには勤務先の情報も重要項目になります。
借入申込書に必ず勤務先を記載しなくてはいけないのはそのためです。

 

一般的に大企業や公務員は審査に有利とされ、零細企業や個人事業主などは審査基準が厳しくなっています。
これも「安定した収入」が審査でも重要視されていることに繋がります。

 

他社の借入状況

 

いくら収入が確保できていても、よそで多額の借入を利用していたのでは返済負担も大きくなるだけです。
審査では必ず「個人信用情報」の確認により、他社での借入状況のチェックが行われます。

 

特に「総量規制」の対象となる借入では、年収の3分の1を超える借入ができませんので注意が必要でしょう。

 

他社の借入がきちんと返済されているのかも大きなポイントです。
今の借入が返済できない方が、新たに借入を利用してもきちんと返済できるわけがありません。

 

仮にうっかり返済し忘れていたという場合でも、そのような言い訳は通用しません。
それだけ信用できない利用者と判断されます。

 

過去の事故情報

 

「個人信用情報」の調査では、過去に金融トラブルを発生させていないかも確認します。
自己破産や民事再生などの債務整理や、長期にわたる延滞(おおむね3ヶ月以上)の情報が確認できると、審査に合格することはまずできないでしょう。
いわゆる「ブラック」の状態です。

 

過去に金融事故を引き起こしている方に対して、信用してお金を貸すわけにはいかないのです。

 

借入の審査では他にも様々な項目について独自の基準で判断されます。
いずれかに問題が生じていた場合には、審査でも不合格になるリスクが高いといえます。

 

どうしても審査に合格できないという方は、再度自分の状況を確認してみましょう。
必ず問題点があるはずですので、その問題を解決することを最優先に考えましょう。

借入しやすい消費者金融について考えてみよう

街中には大小様々な消費者金融の有人店舗や無人契約機を見かけることができます。
最近では郊外の幹線道路沿いなどにも多くの消費者金融の看板を確認できるようになりました。

 

「借入しやすさ」を求めるならば、消費者金融がベストの選択といえるかもしれません。

 

消費者金融の「借入しやすさ」とは「気軽に借入できる」という意味です。
申込から実際に融資を受けるまで、最短で1時間程度。

 

ほとんどの先が「即日融資」に対応していますので、非常にスピーディーな借入ができるでしょう。
店舗で申し込む方法の他、インターネット、電話、無人契約機など多彩な申込方法が準備されており、この点も「気軽」に借入できる要因となっています。

 

銀行借入などの他の金融機関の借入と比較した場合、審査基準も緩めとなっています。
銀行で審査不合格となった方でも、消費者金融で合格できる可能性も残されています。
とくに既に他社で複数の借入を利用されているケースでは、2〜3社程度であれば十分審査基準の範囲内といえるでしょう。

 

ただしその分適用金利が高めに設定されています。
例えば銀行カードローンの適用金利は最大15.0%台が多くなっています。
一方消費者金融のカードローンでは、最大18.0%台が多くなっています。
わずか数%の差でも、最終的な返済負担は大きさ差が出てきますので注意が必要です。

 

また消費者金融には、ほとんど「目的型」ローンは商品化されていません。
ほとんどの先が「カードローン」「キャッシング」といった「非目的型」の商品に限定されています。
この点も適用金利が高い要因のひとつとなっています。

 

ただし多くの消費者金融では「無利息サービス」が整っています。
ほとんどの場合、初回利用者限定のサービスですが、お金を借りるのに無利息で利用できるのですから、その便利さは説明するまでもないでしょう。

 

短期間の借入であれば、利息負担を考えずに利用できることになります。
無利息期間などの条件は各社異なっていますので、自分の都合に合わせて利用するようにしましょう。

 

借入しやすく手軽に利用できるのが消費者金融の一番の魅力です。
その分ついたくさん借りてしまうこともあるかもしれません。

 

消費者金融の利用は必要最低限に抑えるとともに、きちんと返済計画を立てたうえで上手に利用するようにしましょう。