借入審査のすべて

MENU

借入ランキングBEST3

銀行借入に申し込みたいと考えているものの、カードローンに申し込みをするのは初めてという方からよくある質問です。

 

 

銀行借入を利用するには審査に通らなくてはなりませんが、銀行借入の審査というのはどのようなことをするのでしょうか?どこまで調べられるのかが不安です。


カードローン、キャッシングという呼び方をするようになったものの、その中身は債務であることに変わりありません。多くの方はお金を借りることには抵抗があり負い目があります。賢く利用すればキャッシングはとても便利な方法です。

 

借入審査ランキング

 

プロミス

プロミスの特徴

  • WEB明細の選択とEメールアドレスの登録で30日間無利息
  • 三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座があるとより便利に
  • 会員サービスが充実しているため最後まで来店不要でも可能

年利 4.5%〜17.8%
限度額 1万円〜500万円
借入審査 最短30分
評価 評価5
プロミスでの借入審査ポイント

30日間の無利息は初めての借り入れ翌日からの適用になります。三井住友フィナンシャルグループの一員であるSMBCコンシューマーファイナンスとして知名度も高く全国展開をしている安心のプロミスは、充実したサービスが最大の特徴です。

会員サービスでは振込キャッシングからインターネット返済、会員情報の変更や取引履歴の照会などが行えるため来店の必要はありません。三井住友銀行口座かジャパンネット銀行口座があると振込キャッシングとインターネット返済が24時間対応になります。

30日間無利息サービス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要

アコム

アコムの特徴

  • 初めての利用と35日ごとの返済を選択で30日間無利息
  • 楽天銀行口座があるとより便利に
  • 申し込みから融資までのスピードが早く最短即日融資可能

年利 3.0%〜18.0%
限度額 1万円〜800万円
借入審査 最短30分
評価 評価4
アコムでの借入審査ポイント

契約翌日から適用となる30日間無利息は、最短即日融資が可能なアコムだからこそ無駄なく活用ができます。実は三菱UFJフィナンシャル・グループのアコム。MUFGと文字で見ると知名度が高いことがわかります。主要グループ会社に三菱東京UFJ銀行を持つ巨大グループ、楽天銀行口座があれば振り込みキャッシングは24時間対応になり、その口座は手数料無料の24時間対応であるインターネット返済にも利用できます。

オリックス銀行

オリックス銀行の特徴

  • おまとめ・借り換えもOK!
  • 銀行カードローンでありながらオリックス銀行口座が不要
  • 300万円までは収入証明書類不要
  • 借入や返済に手数料がかからない

年利 1.7%〜17.8%
限度額 最高800万円
借入審査 最短30分
評価 評価4
オリックス銀行での借入審査ポイント

銀行カードローンとしては金利が高いことは目立つかもしれません。しかし少額の借り入れを短期間に返済するということを考えると金利よりも手数料や返済の方法を重視することが必要です。

また大口融資では低金利になるためオールマイティーな銀行カードローンといえるでしょう。申し込みのための準備が少なく、提携ATMには利用手数料がかからないため消費者金融の利便性と銀行の安心を兼ね備えたカードローンです。

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行の特徴

  • おまとめ・借り換えもOK
  • 口座開設不要(返済に口座引落を利用する場合には必要)
  • ATM利用手数料無料
  • 来店不要
  • 極度額300万円以内は収入証明不要

年利 年4.0%〜14.5%
限度額 最高800万円
借入審査 最短30分
評価 評価4
三井住友銀行での借入審査ポイント

上限金利が14.5%となっており、少額のおまとめでも利息に無駄がありません。 インターネット申し込みと三井住友銀行本支店内に設置されているローン契約機を併用すると最短即日融資が可能。 三井住友銀行ATMのほか、提携ATMも利用手数料が無料になっており、随時返済を行いながら計画的に無理のない返済ができるはずです。

モビット

モビットの特徴

  • カードレスキャッシングのWEB完結がある
  • 電話なし、郵送物なしの契約方法がある
  • 従来通りカード申込もある

年利 3.0%〜18.0%
限度額 1万円〜800万円
借入審査 最短30分
評価 評価3
モビットでの借入審査ポイント

WEB完結を利用するためには、「三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の普通預金口座」と「組合員保険証か社会保険証」が必要です。さらに直近の給与明細書2か月分があれば在籍確認も電話ではなく書類で完了するため、カードの郵送無し、電話なしの申し込みができます。

カードレスの場合、借入方法が振込キャッシングに限られるため平日の14時50分までに手続きをする必要があります。不便を感じるのであれば従来通りカード申込もあります。このサービスは総量規制対象となりますので、個人の借入総額が原則年収等の3分の1までに制限されます。

 

借入審査を通過する為の4つの関門〜審査に通りやすい属性とは?

しかし初めて「審査」を受ける方にとって不安が多いのは当然のこと。銀行カードローンではどのように審査をしているのでしょうか?大きく分けると審査に通るためには「4つの関門」があります。

 

@「属性」の審査

銀行カードローンに申し込みをするときには申込書を記入し、その内容について審査が行われます。年齢や職業、勤続年数などといった、いわゆる「属性」の審査です。

 

例えば、過去のデータだと、公務員の方がサラリーマンよりも、きちんと返済をしてくれていた実績により、公務員はサラリーマンより属性が高い、と評価されます。これらを点数化して、審査の基準としています。属性を点数化するために属性スコアリングと呼ばれています。

 

申込書に記入する一つ一つの項目が属性です。それら一つ一つに点数をつけて評価するため、一つの特出した属性があればいいというのではありません。カードローンでは必ずといっていいほど申告しなければならない11コの属性があります。

 

  1. 年齢
  2. 職業
  3. 雇用形態
  4. 勤務先
  5. 勤続年数
  6. 年収
  7. 居住年数
  8. 居住形態
  9. 家族構成
  10. 電話の種類
  11. 健康保険種別

 

職業、雇用形態はわかりやすいでしょう。国家公務員は非常に高い評価を得ます。安定性が見えているからです。一方でパートやアルバイトは長期的な仕事としては安定性が低くなります。正社員で雇われている方に比べて辞める可能性が高いのは事実。しかし、安定性が見える場合もあります。

 

勤続年数が長ければ長期的に働いている実績としてみられるため「勤続年数属性」は高い評価が得られます。

 

その中で非常に難しい判断となるのが個人事業主、中小企業の経営者です。銀行カードローンの資金使途は自由です。しかし「事業性資金以外は」自由です。個人事業主などの場合には融資額を事業資金に使う可能性があります。

 

 

なぜ事業性資金は避けられる?

そもそも事業性資金に使用することは契約違反に当たります。個人事業主や中小企業の経営者にとって収入は事業による利益から生まれます。その事業の資金として使うのであれば、現状の事業が困窮している可能性が高いということ。事業性資金を確保したいのであれば専用の融資を検討しなくてはなりません。

 

また融資を行ってしまえばその借入額はどのように使用したのか確認のしようがないというのが現実。そのため事業性資金として使用させないためにも審査が厳しくなる、属性が低くなるのはいたしかたありません。

 

最も重要になるのは勤務先や収入ですがそれだけで評価が下されるわけではありません。例えば家族構成。30代独身男性が最も評価が高いとされています。逆に小さな子供が多い場合には成長に伴い今後の支出が多く増える想定ができるため評価が下がるとされています。

 

 

属性の評価は「今後の返済が確実」であればあるほど高くなります。


 

A「信用情報」の照会

属性よりも重要視される信用情報。信用情報というのは、銀行やクレジット会社、消費者金融などが、融資やカードに関する利用履歴を日々登録したもので、新規入会の際には照会できるように、個人信用情報機関で顧客情報を共有化しているものです。日本には個人信用情報機関が3社あり、それぞれに加盟している金融機関しか照会ができません。

 

CIC 貸金業法で消費者金融が加盟を義務付けられている指定信用情報機関
JICC
全国銀行信用情報センター 銀行が加盟している信用情報機関

 

銀行借入が初めての利用だったとしても、クレジットカードの利用履歴も、携帯電話も分割払いとなるためその支払い状況も個人信用情報機関には登録されています。支払いの遅延などがある場合には、銀行借入の審査で不利になります。

 

確実に不利になる信用情報がある

ブラックという言葉はご存知でしょう。実際に個人信用情報機関にブラックリストがあるわけではありません。しかしブラックリストに相当する情報があります。それが「事故情報」です。

 

  • 3か月以上の返済の遅延
  • 強制退会
  • 保証会社や保証人による代位弁済
  • 債務整理

 

これらは「返済を約束通りに行わなかった」中でも悪質と判断される履歴です。

 

 

本来であれば各機関の共有情報は統一されていなければならないはずが、実は個別の基準で交流する情報を決めています。
CIC→延滞解消・貸し倒し・本人以外が代位弁済・本人申告コメント
JICC→延滞・延滞解消・債権回収・保証会社による代位弁済・本人申告コメント
全国銀行信用情報センター→延滞・代位弁済・取引停止処分・強制解約・本人申告情報


 

本来個人信用情報機関では加盟している金融機関からのみ情報提供を受けて管理していますが、事故情報は3つの個人信用情報機関で共有されます。CRINというシステムです。

 

CRIN

 

事故情報が共有されていると審査に通ることは難しいでしょう。事故情報までとならなくとも、例えばCICでは最新の過去24か月の債務入金情報を記号で表しています。「期日までに約定の返済をした」という以外に、どのような状況で遅れたのかも記号によって表されています。

 

3か月以上の滞納という大きな遅れではなくとも、頻繁に返済日から遅れることがあれば審査に良い影響があるはずがありません。

 

 

個人信用情報機関に登録されている債務情報は永久に残っているわけではありません。保有期間があらかじめ定められているため「待つ」よりありません。


 

これまでにキャッシングの経験がない、クレジットカードの支払いも、携帯電話の支払いもそれほど遅れたこともないという方は個人信用情報機関の照会も怖いものではありません。

 

逆に気になる方は事前に照会もできます。自分の債務情報は手数料が1000円かかるものの、情報開示請求を行うことで郵送もしくはインターネット上で確認ができます。

 

B銀行と保証会社と2つの審査

消費者金融の場合には消費者金融業者自体が審査を行い、それが通れば融資可決になりますが銀行借入の場合には、融資をする銀行と保証会社と二つの審査をクリアする必要があります。これは「信用情報の照会」にも深いかかわりを持っています。

 

銀行の審査は全国銀行信用情報センターに照会をします。一方保証会社は多くの場合貸金業です。貸金業法によって貸金業者はCICとJICCに加盟することが定められています。
つまり、

  • 銀行審査→全国銀行信用情報センターに照会
  • 保証会社審査→CICとJICCに照会

そのためすべての個人信用情報機関に照会することになります。

 

これが「銀行審査は厳しい」とされている大きな理由です。

 

保証会社とは
契約者が一定期間滞納した場合、契約者に代わって保証会社が代位弁済を行います。連帯保証人を代行している会社です。銀行とは保証委託契約を締結しています。

 

万が一銀行カードローンの返済が遅れたとき、銀行は委託保証料を支払っている保証会社から代位弁済をしてもらい融資した額の返済は確保できます。保証会社は「融資を行っていない額」の返済を代行しなければなりません。極端に言えば、銀行は痛手を負わない、保証会社は痛手を負う。そのため銀行審査よりも保証会社による審査のほうが厳しいといわれています。

 

消費者金融のカードローン審査と比べると、銀行借入のほうが金利が低いのは一般的であり、審査は比較的厳しく時間がかかる傾向があります。それでも大手の銀行では審査時間は最短30分とスピードが魅力の消費者金融と変わりありません。

 

C勤務先への「在籍確認」

申込書には勤務先の情報を詳しく記入します。そこには勤務先名、電話番号、住所はもちろんのこと、従業員数まで申告しなくてはなりません。銀行側は「確実な返済」を確認するために審査を行っており、その返済の軸となる収入が確実にあるのかという裏付けは必要な審査です。それが、在籍確認です。

 

在籍確認では勤務先に直接電話をかけて在籍していることを確認しますが、銀行名を名乗るのではなく担当者が個人名で電話をしています。

 

不安に感じるのは「どのようにやり取りをするのか」でしょう。銀行側はプライバシーに十分な配慮をしています。在籍していることが確認できればそれで問題はありません。申し込み者以外が電話に出ても詳しい状況、カードローンの申し込みを伝えることはありません。

 

それでは申し込み者以外が電話口に出た場合の実際のやり取りの一例をみてみましょう!

 

銀行「サトウと申しますが、○○さまはいらっしゃいますか」
会社「ただいま席を外しております、折り返しご連絡をいたしますので電話番号をお知らせください。」
銀行「携帯電話にかけてみますので結構です、お手数をおかけいたしました」

 

いかがでしょうか。ポイントは3つあります。

  • 銀行名を名乗らずに担当者の個人名を使う
  • 折り返しは不要
  • 臨機応変に対応

 

申し込み者ではない会社の誰かが電話口に出たとき、当然折り返しの電話を申し入れます。しかし臨機応変に対応し、電話は簡潔に済ませられています。

 

 

不安な場合には申し込み時にその旨を伝えましょう。在籍確認を行う時間の相談に応じてくれるはずです。


 

親や家族にバレませんか?

銀行借入を利用することで、親や同居している家族などに連絡がいってしまわないか?という点については、銀行借入の審査段階ではないと思ってよいでしょう。

 

但し、申込者が学生という場合には、銀行カードローンによっては親権者の同意が必要な場合もあります。また、そもそも学生だと利用が不可というものもあります。

 

また、銀行借入の審査の際に連絡がいかなくとも、例えば、ローンカードや明細など郵送物が自宅に送られてくることで、バレてしまう可能性というのもあります。

 

心配なようでしたら郵送手配ではなく、自動契約機でのカード発行にしたり、明細が送られてこないような手続きをしておくとよいでしょう。

在籍確認を避けることはできませんか?

在籍確認は必須です。
ただし電話で直接確認するのではなく、書類で対応できることもあります。

 

・プロミス→申し込み時に相談することで給与明細書などの収入証明書類で在籍を証明することも可能
・モビット→WEB完結では在籍は収入証明書類で確認をしており勤務先への電話はありません。

他社からの借り入れがあれば審査に通りませんか?

一概にいうことはできません。個人信用情報機関に照会し、過去の返済実績も確認する審査があります。その中で3か月以上返済の遅れがあったとなれば事故情報の扱い、つまりブラックです。また、短い期間であれば遅れても問題ないかといえばそうではありません。例えば貸金業法指定信用情報機関のCICでは最新の過去24か月の返済状況が記されており「返済日までに確実に返済できたか」が一目瞭然となっています。

運転免許証を持っていませんが必要書類はどうなりますか?

基本的には顔写真付きの運転免許証が必要です。公的証明書の中でも顔写真が付いていないもの(保険証など)であれば補完書類として住民票などが必要になります。

信用情報は自分で確認ができますか?

個人信用情報機関に情報開示請求ができます。

 

信用情報機関 開示方法 手数料
CIC インターネット開示 1000円
郵送開示 1000円
窓口開示 500円
JICC スマホ開示 1000円
郵送開示 1000円
窓口開示 500円
全国銀行信用情報センター 郵送開示 1000円

郵送でも1週間程度で手元に到着するため不安があれば事前に確認をしておきましょう。

 

銀行借入は金利が低い分、審査は厳しく時間がかかります。急いで借入したい場合は消費者金融がオススメです。何よりも、融資までのスピードが早いですし、金利も銀行カードローンと比較しても、それほど高くありません。

 

銀行借入を断られた方でも資金調達可能な方法

法人向けに「ファクタリング」という方法で資金提供するサービスはご存知でしょうか?事業資金を借入する為の融資ということと似ているものですが、ファクタリングの場合は「売掛金を買い取ってもらう」という資金調達方法です。