借入

MENU

借入の真髄│借り入れ人気ランキング

借入、その真髄を考えてみよう

 

借入」という言葉を辞書などで調べてみると、「金品や物品を借りること」と説明されています。
わたしたちの生活ではたくさんの「借入」が大きく影響しています。
広い意味では、レンタルショップから物を借りることも「借入」に含まれます。

 

ただし、一般的に「借入」というと、多くの方は金融機関からの「お金を借りる」=「借金」を思いつくのではないでしょうか。

 

「借金」と聞くと何か悪いイメージがつきまといますが、多くの方が生活で「借金」を利用しているのも事実です。
普段の生活でのお金の不足には、どうしても「借金」は欠かせない存在になっています。

 

しかし、「借金」といってもたくさんの方法があります。
何も銀行や消費者金融からの「借金」だけではありません。
まずは「借金=借入」にはどのような方法があるのか考えてみましょう。

 

親や友人からの借入

 

一番身近な存在である親や兄弟・友人からお金を借りる方法です。

 

一般的には、借入を行った後は、利息を合わせて返済しなくてはいけません。
しかし「対人」からの借入では、あまり利息まで請求されることはないでしょう。
そのため、一番返済負担の少ない借入方法といえます。

 

まずはどうしてもお金が足りない理由を正直に説明しましょう。
相手側の理解を得ることができれば、ある程度融通の利いた借入が可能ではないでしょうか。

 

もちろんそれには借入の理由が大きな意味を持ってきます。
間違っても「ギャンブルでお金が足りない」といった理由で素直に貸してくれる方は少ないでしょう。

 

借りたお金はなるべく早く返済するように心かげましょう。
きちんと約束を守り、お互いの信頼関係を壊すことのないようにしなくてはいけません。

 

お金に関するトラブルは、深刻な人間関係の悪化を招くこともあります。
せっかく自分を信じてお金を貸してくれた相手の気持ちを裏切らないようにしましょう。

 

公共団体からの借入

 

国や地方公共団体からお金を借りる方法です。

 

生活資金が不足した場合、これらの支援制度を活用する方法を検討してみましょう。
せっかく普段から高い税金を支払っているのですから、困ったときには助けてもらいましょう。

 

当然生活に困っているという条件が前提です。
ここでも「お金が足りない理由」が大きな意味を持ってきます。

 

病気や怪我、天災や人災、その他の理由で生活資金が不足していることを証明しなくてはいけません。
そのため実際にお金を借りるまでに相応の時間を要することになります。

 

一般的な金融機関に比較するとはるかに低い金利で借入できるのが特徴です。
返済方法もある程度柔軟性を持って対応してくれます。

 

また就職斡旋などの生活再建策も講じてくれますので、担当者とよく相談して活用しましょう。

 

会社からの借入

 

ここでいう「会社」とは「勤務先」のことです。
勤務している会社の福利厚生制度を利用してお金を借りる方法です。
最近では大企業だけでなく、中小企業でも社員向けの貸付制度が準備されるようになっています。

 

ここでもやはり「お金を借りる」理由がポイントになってきます。

 

多くの場合はマイホーム資金などの生活資金を理由とするのではないでしょうか。
間違っても「遊びのお金」という理由では、お金を借りるどころか、勤務先での印象も悪くしてしまいます。

 

やはり民間金融機関の融資よりも低金利で借入できるのが特徴です。
返済は給料天引きが一般的で、退職金で一括返済という方法が準備されている先もあります。

 

勤務先の福利厚生制度は従業員の当然の権利ですが、後々の出世に響くのではないかと心配される方もいるでしょう。
できれば信頼できる人事担当者や上司に相談したうえで、活用を検討してみてはどうでしょうか。

 

金融機関からの借入

 

最後になりましたが、金融機関からお金を借りる方法です。
金融機関といっても、様々な場所を挙げることができます。

 

銀行、消費者金融、信販会社、郵貯、信金など、それぞれにより特徴があります。
その特徴をよく理解して、自分の都合や生活スタイルにあった先を選ぶのがポイントです。

 

やはり「お金を借りる理由」が重要になる点は変わりありません。
ただし、金融機関はお金を貸すのが商売ですので、理由に正当性があれば柔軟な借入が可能です。
「相手を説得する」必要はありませんが、変わって「審査」を受けて合格しなければいけません

 

先に挙げた借入方法と比較すると、金利の負担は大きいといえるでしょう。
ただし、借入に適用される金利も金融機関ごとにより異なります。

 

また、低金利で借入する手段もありますので、まずは確かな知識を身につけるようにしましょう。

 

以上4つの借入方法を紹介しました。
もちろん他にも借入方法は挙げることができます。

 

それぞれに特徴がありますので、自分の都合にあった方法を選択することが大切です。

 

借入を上手に利用するために

 

借入をうまく利用することで、自分の生活を豊かにすることも可能です。

 

借入は、通常では手に入ることのできないまとまったお金を手にする方法です。
例えば、多額の資金が必要となるマイホームも、住宅ローンで借入することで手にすることができます。

 

財布の中身が不足してデートのチャンスを失うことも、借入を利用することで避けることもできます。
将来の資格取得のための通信口座費用を借入で補うと、自分の人生を大きく好転させることも可能でしょう。

 

このような借入を活用するには、いくつか注意しておかなくてはいけないこともあります。
注意点を十分理解して、上手に借入を活用してもらいたいものです。

 

必要以上に借入しない

 

借入を利用すればまとまったお金を手にすることができます。
中には「借りれるならばできるだけたくさん借りておこう」と考える方もいるかもしれません。

 

しかし、借りたお金は返済しなくてはいけません。
しかも一般的には利息を合わせて返済しなくてはいけません。
借りたお金以上の金額を返済しなくてはいけないのです。

 

借入前には、まず「いくら必要なのか」を再度確認しておくようにしましょう。
そして必要以上の借入は絶対に避けるようにします。

 

いくら余裕があるからといって、長い返済の間には何が起こるかわかりません。
それにはなるべく借入金額を少なく、借入期間を短くすることが大切なのです。

 

返済計画をきちんと立てる

 

何度もいいますが、借りたお金は利息をあわせて返済しなくてはいけません。
それには念密な返済計画が不可欠です。
自分の現状の収入と支出を細かく把握して、きちんと返済できる計画を立てるようにしましょう。

 

「将来出世して収入も増えるだろう」という楽観的な計画は絶対に行わないようにしなくてはいけません。
あくまで「現状」の収入の範囲、しかも生活費などの支出を除いた範囲で返済できるようにしなくてはいけません。
つまり「現状の収入」−(支出+借入の返済額)が絶対にプラスになるようにしましょう。

 

借入の際には、どうしてもお金を借りることばかりに頭が行きがちになってしまいます。
しかし上手に借入を利用するには、まずは返済計画を上手に立てることが大切なことです。
万が一返済できない状態になると、借入によって自分の人生を失うこともありえるのです。

 

よく消費者金融の宣伝などでは、次のようなフレーズが用いられます。

 

「ご利用は計画的に!!」

 

借入を上手に利用する方法は、この言葉がすべてを示していますね。